久し振りにプラネタリウムを見た

先日、かれこれ15年ぶりくらいにプラネタリウムを
見に行きました。

以前見に行ったのは遥か昔のことだったので、
本当に久し振りでとても楽しかったです。

 

プラネタリウムの上映内容は、
プログラムによってだいぶ変わります。
アニメーションを主体にした学習映像を上映することもあれば、
より現実の星空に近い上映を行うこともあります。

どちらかというと、私は現実の星空を投影するプログラムの方が
好きです。
現代ではなかなか満点の星空を見る機会はありません。
私が住んでいるところは都会に比べれば
星がたくさん見えるところですが、それでもやっぱり街明かりに
邪魔をされて見えない星もたくさんあります。
そういう星を見たいと思っているので、学習プログラムよりは
単純に星空を映しているプログラムの方が好きなのです。

昔見たプラネタリウムは学習をメインとした内容でした。
星座の形を分かりやすく線で結んで投影し、
その解説が行われていたと記憶しています。
でも、私が見たいのは星座の線を描いていない、
肉眼で見る星空のような映像だったのです。
久し振りに見た先日のプラネタリウムは、どちらかというと
星空の投影という感じの内容になっていました。
おかげで純粋に星空の鑑賞を楽しむような内容になっていて、
ぜひまた見に行きたいと思える内容でした。



このページの先頭へ戻る